誰かの為にが己の為に

おせっかいエヴァンジェリスト坂本愛オフィシャルサイトへようこそ。

 

2016年から、

あなたが提供している価値を「日本一」人から求められる貴重な価値に言語化し、
ペン一本で行列を創ることができる日本で唯一の言葉の生成場である
” 惹句(じゃっく)工房 ”に参加し、スタッフとして活動しています。

http://jackkoubou.com/

 

惹句工房スタッフとして

私がなぜ、おせっかいエヴァンジェリストという肩書きを付けているのかを

ご説明しようと思います。

 

 

 

おせっかいとは

 

『出しゃばって世話を焼くこと。

不必要に人の事に立ち入ること。』

 

このように、あまり良い意味を持ちません。

 

あの有名な相田みつをさんも、

「親切という名のおせっかい。そっとしておくのも思いやり」と言うくらい。

 

おせっかいって日本人ならではのコトバだと思っています。

 


 

私にとってのおせっかいとは? 

例えば、夢を持って起業したり会社を経営したり、何かを発信する立場になった方たちは

自分の好きを追求して、並々ならぬ努力をして

その成功を勝ち取っているはずです。

 その努力よりも相手(クライアント)に自分の想いを伝えたい方が勝るから

努力し続けることができるのです。きっと。

しかし、夢を実現させるために起業したのにも関わらず、

集客の悩みが絶えない起業家や個人事業主の方々がたくさんいらっしゃいます。

その方たちが、

たった1つ、あなたの商品やサービスの価値を言語化することで

明日以降、クライアントの方からあなたの元へやってくるようになるための道筋を提供します。

つまり、あなたを勝手に応援して、あなたの代わりにあなたの良さを日本中に広めるおせっかい屋です!

私は自分の興味のある情報集めが好きです。

本を読んだり、ブログを見たり、

HPを見たり、その人がどんなビジョンで

どんな活動をしているのか。

 当然ですが、興味を持ったら

その人のことをもっと知りたくなります。

そしてその人の力になりたいと思う。

 

私には、本を書いた経験も会社を経営した経験もないけれど

応援したいと思ったら、

身近な人から著名人まで、それを本人へ伝えたい。

そしてその人のサクセスストーリーを

聞いてみたいのです。

 

 

 

  

 

私の夢


私のおせっかいで日本人が型にハマらず

常に夢を描き続けることのできる国に変えること!

 

私のおせっかいで、成功者がさらに

突き抜けることができるように成ること!

 

現在、親切とおせっかいの境界線が

難しいのであれば、

  

私はとことんおせっかいになる!

 

そしたら、辞書に書いてあるおせっかい

の意味が、良い意味に変わるかもしれない

 

 

私に何かお役に立てることはないですか?