自己紹介 で 仕事を呼ぶ なら知っておきたい 裏ワザ


どうもです。
1回客を100回客に変える集客・誘客・増客に役立つアイデアを提供する
おせっかいエヴァンジェリストの坂本愛です(^O^)

前回の続きです(前回の記事はコチラをクリック)

自己紹介の弱点発見チェックリストのおさらい^^

1、専門用語を使い過ぎていないか?
2、よく聞いた事のある肩書きをそのまま伝えていないか?
3、「活動内容だけ」で終わらせていないか?

今回は、2についての解説です。

2、よく聞いた事のある肩書きをそのまま伝えていないか?

「〜セラピスト」「〜アドバイザー」「〜インストラクター」etc・・

資格を取ったら当たり前ですが、こう言った”肩書き”があるため
つい”そのまま”使ってしまいがち。

ただ、そのまま使ってはもったいない・・!

そのまま = ライバルと同じ

差別化を産み出すためにはライバルより尖った
あなた独自の”強み”を打ち出す必要があります。

58j8c5u2l3

強みとは、あなたがお客様に与えることのできる満足度(=価値)のこと。

例えば、心のリーディングも出来るアロマセラピストであれば、

「たった15分であなたの心の迷いを取り除くアロマセラピスト」

と言われた方が、聞き手はあなたが
「何をしてくれる人なのか?」がすぐに分かりますよね?

【 ワーク 】
あなたがその資格でお客様を満足させられることは何ですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


チアプレナーズアカデミー公式LINE@

チアプレナーズアカデミーLINE@会員では、実際にビジネスに役立つ情報を無料で有料級の情報をお届けしています。登録は3秒で完了。下記のリンクをクリックしてください。【今なら特典付きです】

addfriends_ja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です