時代が変化しても”変わらないもの”とは


先日癒しを求めて、お湯に浸かりに行った時に素敵な出会いがありました。

その方は、なんとなく事業主っぽいニオイを感じていたのですが
私は人見知りなので(←)ただただ浸かっていたわけです。

そしたら、その方から話しかけてくれました。

話しかけてもらうと100%で対応出来る私なので(何様だろうw)

なんなんでしょうね、お風呂だとリラックスして開放的になるのでしょうか・・
その方は、美容室をずっと営んでいて、現在では息子に引き継ぎ、必要な時に手伝いに行っているそうです。

美容師なので、人を相手にするお仕事。

何人もの人を見ていると、直感でその人がどんな人かが分かってくるそう。

人生の先輩から教えてもらったことをシェアします。

その方は言いました。

「今の時代は、何か分からないことがあるとネットで調べることができちゃうから
人と会話することが減ってしまったよね。だから自分の言葉で伝えられない人がたくさんいる」

「そうそうそう!!!!!」
私は激しく同意しました。

このシゴトを始めてからより一層同感できます。

実質自分もバリバリ会社員一色の頃は、(今年の春あたりまで)
見えない「答え」を求めて、答えがないと不安で、
自分の意見もなければ、自分の言葉で話せませんでした。

時代が変わっても気持ちが伝わるのは「言葉」であり、
言葉はその人の人間性から出るものです。

そして人間性とは、「人情」であると思います。

時代が変わっても、ロボットが増えても、
人が感情を動かされるのは”人”です。

「この新商品がすごい!」と思っても、それを創ったのは”人”です。

すぐネットで調べる環境があると、
なかなか自分で考えることもしなくなって
「答え」はあらかじめ用意されているものだと思い込み、
「答え」を誰かからもらえるものだと思ってる。

そうすると、「自分らしさ」はどんどんなくなり、
「自分らしさ」がなくなってしまっていることに本人も気づいていない。

周りの意見に流され、
周りの意見が変わるたびに自分の意見もコロコロ変わる。

そして、ネットで調べることが癖ついて、
「人に聞くこと」をしなくなり、だから人と話すことの重要性も見失う。

心の中にある、自分の本当に伝えたいことを
伝えるべき人に伝えることができずに
他に答えを求め出す。

ネットに聞いても結局あなたの問題はあなたにしか解決できない。

人は人でしか変われない。

相手が人だから喜びも、悲しみも、怒りも、癒しも感じることができるし
成長できる。

何が言いたいかって一言で言うと、良くも悪くも

「 私はもっと人間と関わっていきたい 」

と改めて思えた日でした。

決して立ち止まることをしない。走り続けるからこそ求める形はある。

PS:写真はどっぷり会社員時代の私(左)と今の私(右)
人は、変われる。そして、最初から今の状態じゃなかったことを
知っていただきたく晒しますw
今も成長途中デス!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


チアプレナーズアカデミー公式LINE@

チアプレナーズアカデミーLINE@会員では、実際にビジネスに役立つ情報を無料で有料級の情報をお届けしています。登録は3秒で完了。下記のリンクをクリックしてください。【今なら特典付きです】

addfriends_ja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です