キャッチフレーズがスルッと決まる方法


こんにちは。

惹句工房 おせっかいエヴァンジェリストの 坂本愛 です。

何かを企画したり、商品を提供するにあたって
キャッチコピーを決めるのは当たり前。
しかし、ただズトンと大きな文字で謳えばいいというものではない。
せっかく良い企画や商品でも、受ける側に刺さらなければ埋もれてしまう。
かといって、コピーライターでもないから、ハイセンスな言葉は考えられないと
悩んでいませんか?
今回は、コピーライターでなくても相手の心にグッと来させることができる
ポイントをご紹介したいと思います。

未来を想像させるキーワード

例えば、雑誌にワンピースが載っています。
そのページのタイトルに、こう書かれていました。
1つは、「今までにない素材感の新しいワンピース、出ました。」
もう1つは、「鏡を見たら、理想の自分に必ず出会える。新素材のワンピース」
あなたはどちらがグッときますか?

後者の方が、ワンピースを着た時の自分が想像しやすいと思います。
この、買って実際に着たところまでの「未来の部分」を
いかに想像させることができるかがポイントなのです。

その人にしか見せられない未来

先ほどの例のポイントをもう少し掘り下げてみると分かることがあります。
それは、事実に加えてその人にしか魅せられない未来だということ。
先ほどの例をもう一度見て見ると・・・。

前者は、新しい素材のワンピースということをメインに伝えたいと捉えることができます。
確かに今までにない価値ではあるが、これでは「新しい」という
事実だけで終わってしまう・・

後者はどうだろう?
「新しい」という部分は共通しているが、この事実に加え
ワンピースを買った人それぞれが、自分の理想に当てはめて
その人にしかない未来像として想像できるようなコトバになっている。
ということ。

体感が全て

そして最後に一番大事なのは、体験よりも体感が全てということ。
となると、売る側は、新商品ですよと言ってワンピースを売るのではなく
お客様がこれを着た時に、どんな気持ちになれるか。
ここを伝えるべき!!。
そこで相手が具体的に想像できて、気持ちが高まれば、

最初は購入する気がなかったとしても、手に取ってもらえるでしょう。
グッとくる言葉とは、一方的にインパクトを伝えるのではなく
相手と一緒に同じ未来を見ることなんです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


チアプレナーズアカデミー公式LINE@

チアプレナーズアカデミーLINE@会員では、実際にビジネスに役立つ情報を無料で有料級の情報をお届けしています。登録は3秒で完了。下記のリンクをクリックしてください。【今なら特典付きです】

addfriends_ja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です