【1本のyoutube動画から学ぶ】まずは〇〇の達人に成ろう


自分のサービスに気づいてもらえない(認知されていない)
自分より上の立場の人たちが、
自分のサービスを必要としている気がしない(自信がない)

私がよくここでも書いているのが、

”ちゃんと届けたい人に届けているか?”
それを今回はもう少し細かく見てみようと思います。

まずこの動画を見てみてください(^O^)

※ショートムービーになっています。

Validation(承認)とは?

なんだかほっこりした気持ちと、笑顔が自然にこぼれるような安心感に包まれた人もいるのでは?

私がこの動画から感じたことは、
まず自分が相手を認め、思っていることを伝える(承認する)ことで、

相手は自然と笑みがこぼれ、心を開きます。
自分という存在自体を肯定されたら、誰だって安心感と嬉しさを
持つでしょう。

私なりの解釈ですが、承認とはつまり、
相手を認め受け入れ、それを正しく伝えること。
こちらが伝えて終わりではなく、
相手がちゃんと受け取って感情が良い方向に動いて
初めて「伝わった」となるのです。

 

人間だもの

どんなに偉い人や著名人であれ1人の人間
誰だって自分という存在を承認してもらいたい
(認めてもらいたい)ものなんですね。

社会的立場や地位は関係ないのです。
むしろ、人の上に立てば立つ程、相手を承認する側になって
自分のことを承認してくれる人を必要としているのかもしれません。
そう感じました。

与える達人であれ

そうなると、冒頭に書いた「自分のサービスがあまり認知されないかも」
「たくさんの人に必要とされていないかも」と
思うように結果が出ずジタバタしてしまう方は、
無意識に”自分の満足度”がゴールになってしまっていませんか?

そうじゃないですよね。

まず相手(顧客)が本当に何を求めているのか?
何をされたら心からあなたのサービスを受けてよかったと
思ってくれるか?

「考えたが、それが本当に正解なのか分からない・・・」
となってしまう方は、
まず、相手を受け入れて認めること(承認)から始めれば
その答えは自然と出てくるはず。

まとめ

集客は自分から行くものではないけれど、
承認は自分からどんどんしていきましょう(^_^)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


チアプレナーズアカデミー公式LINE@

チアプレナーズアカデミーLINE@会員では、実際にビジネスに役立つ情報を無料で有料級の情報をお届けしています。登録は3秒で完了。下記のリンクをクリックしてください。【今なら特典付きです】

addfriends_ja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です