ヨーグルトだけで前年比190%の売上上昇のヒミツ


こんにちわ。

惹句工房 おせっかいエヴァンジェリスト 坂本愛 です。

今回は、普段から色んなコラムを見るのが大好きな
私が、1人でいるのに思わず声が出そうになるくらい、
驚きを隠せないくらい感心し、共感したトピックの一部をご紹介します。

森永乳業 の『濃密ギリシャヨーグルト パルテノ』

みなさん、このヨーグルトを食べたことはありますか?
私はあるのですが、口に入れた瞬間、普通のヨーグルトとは
全く違う食感というか舌触りなんです。

とにかく濃い!!

美味しいと思っていたら、タイトルの通り、
この商品だけで売上が前年比190%アップ。
なぜ数あるヨーグルト市場からそんなに突き抜けることができたのか!?

生きた声の重要性

今スーパーやコンビニで見かけるヨーグルトだけで一体何種類あるのだろう?

それが何社も何種類もヨーグルトを生産している。
そして年々種類も増え続け、時代の流れに乗り、更に新たなアイディアを出し続ける。

ということを考えただけでも本当にすごいことだと思う。
新しいものを創り出すには、” ユーザーが本当は何を求めているか? ”

を徹底的に調べ上げることなのですが、

 

森永乳業 がユーザーに対し調査を行ったところ、
開発側が予想していた市場のニーズに対し、実際はユーザーはそれが不満だと思っていたようだ。
 
 

斬新なアイディアは海の向こうに眠っている

実際のユーザーの声でも上がっていた「健康よりも味重視」
という意見を汲み取った時に、
従来の日本のヨーグルトでは出せない旨味を、

当時海外で流行していたギリシャヨーグルトに注目した。

 

そこで美味しさにこだわることに重点を置き、
ギリシャヨーグルトの製法の特徴である「水切り法」を 森永乳業 独自のスタイルで

開発仕直し、3年半の試行錯誤の末、発売に至ったのです。

 

納得のいくまで挑戦し、” 独自のオリジナルの価値 ”をしっかりと見出せたからこそ、
大量のヨーグルト市場に埋もれずに、売上前年比190%超えが実現したのでしょう。
 
 

まとめ

飲食店や雑貨や本など「日本発上陸」で流行が来るものは、

すでに海外で流行して少し経過したのものが多い。

 

ということは、いかに海外の良いもの、ヒットしそうなものに
誰よりも早く目をつけることができるかがビジネス成功の鍵でもありますね。
 
 
惹句工房でも、今まさに海外と日本の架け橋である、

マーケティングプロモーターとして活躍しているスタッフの 辻本真由美 さんが

 

中学レベルの英語スキルで充分読むことのできる「洋書読書会」を開催します♪
もしこれで洋書を読むことに抵抗がなくなり、
あなたも誰よりも早く海外の良書を日本に持ってくることが出来たら・・・?(^ ^)
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


チアプレナーズアカデミー公式LINE@

チアプレナーズアカデミーLINE@会員では、実際にビジネスに役立つ情報を無料で有料級の情報をお届けしています。登録は3秒で完了。下記のリンクをクリックしてください。【今なら特典付きです】

addfriends_ja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です