起業家が成長スピードを突き抜けさせる作戦とは


こんにちわ。

おせっかいエヴァンジェリストの坂本愛です。

これから起業を考えている方、すでに起業している方に

ちょっとでもお助けになればということで

私がこれまで得てきた知識を『備忘録』として紹介するコーナーも作っていきます(^O^)

 

起業家がやってはいけない行為のひとつ

皆さんは無意識に” 先延ばし ”していることってありませんか?
眠いから明日やろう。とか、
食事を取ってから始めようとか。
それ以外にも、様々なジャンルで起こっています。

例えば、あなたがスポーツジムの会員だとします。
痩せたいから入会したのにも関わらず、数ヶ月経過した頃には
行くか行かないかで葛藤していることってありませんか?
これも先延ばしが積み重なってできた結果。

実は、スポーツジムの会員の70%は幽霊会員だそうです。
これを見てホッとしている場合ではありません。
今回は、どうすれば先延ばしをせずに行動できるかについて紹介します。

ポイントは、数値化する こと

ジムに行くために自身を奮い立たせるための案の1つとして
まずは、コストを理解し、損をしている金額を算出すること。

例:会費が月額10,000円だった場合・・・

週1回通うと1回あたり2,500円
週2回通うと1回あたり1,250円

こんな感じで、1回あたりどれだけのコストが発生しているかを出していけば
回数を減らすと1回あたりの利用料が高くなるので、行く回数を増やそう。
と行動に出やすくなります。

企業であれば、商品・サービス費用・宣伝費・諸経費などある一定期間で絞って考えると
1日あたりのコストが明確化されますね。
もちろんその単位は少ない方がいいわけです。

具体性でマインドセット

人間が基本的にリアリティを感じるのは“ 具体性を持つこと ”です。
となると、分かりやすいのが

【 目の前の不安やリミット=具体性 】

つまり将来に対して、目の前に不安がある状況と同じ心理状態に持って来れば
先延ばしせずに行動できるということ。
極端な話、「明日であなたの人生は終わります」と言われたら・・?

きっと今すぐ全て先延ばししていたことに手をつけ始めるでしょう。

もう少し具体性を出すとしたら、先程のジムの例なら、
「明日、急に片思い中の人とのデートが決まった。」ということになったら?
もし最近ちょっと太ってきたことを気にしている人なら
前日に時間を作ってジムに行くことになるでしょう。

まとめ

今日のポイントは、「数値化」「マインドセット」です。
どちらも自分で起業・経営をする人であれば意識しなければいけない部分だと思います。

ということは、先延ばしをしている場合じゃないということ。
迷う時間があったら、すぐに行動できるように普段から意識して、

自分の中で無意識にできるようになっておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


チアプレナーズアカデミー公式LINE@

チアプレナーズアカデミーLINE@会員では、実際にビジネスに役立つ情報を無料で有料級の情報をお届けしています。登録は3秒で完了。下記のリンクをクリックしてください。【今なら特典付きです】

addfriends_ja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です